子どもの交通安全|交通安全|横浜市交通安全協会

交通安全

活動内容のご紹介

子どもの交通安全

子ども(乳幼児、児童、生徒)の交通安全についての活動内容をご紹介します。

子どものための交通安全教室の開催

乳幼児の自動車乗車中の交通事故防止につながるチャイルドシートの着用推進のための教室を開催しています。 子どもをもつ保護者の方に有効な交通事故防止の情報を提供しています。

児童・生徒の交通安全教室

小中高等学校において、正しい交通ルールを習慣づけることを目標に、自転車の安全な乗り方等を中心として、年齢に応じた内容の交通安全教室を実施しています。
平成18年度からは、地区交通安全協会・地域ボランティア・警察・区役所等と協力して、小学校での体験型交通安全教室「はまっ子交通あんぜん教室」を開催しています。

新入学児童への交通安全教材の作成・配布

新入学児童の交通事故防止を願って、基本的な交通ルールを説明した交通安全教材用小冊子を作成し、配付しています。
市内全小学校新入学児童へ配付 作成数40,000部

地域ぐるみの交通安全

親子が身近に交通安全ルールを学ぶ機会として、町内会、子ども会、PTAなどの協力のもとに「交通安全子育て教室(仮称)」を開催し、地域ぐるみでの交通安全を推進しています。